RAWTUS


原材料に新しいものを追加する というコンセプトのもと2008年にRawtus をローンチ
毎シーズンオリジナルレザーに1つ以上の要素を加えたものを使用し
ミリタリーやマスキュリンなテイストのものにフェミニンなドレスやインナーを合わせることにより
強さと優しさを持ち合わせた、Rawtus のアイコニックコレクションとなっています

Rawtusのオリジナルである「ニューゴートレザー」は、通常のレザーとは全く異なります。
革は通常、表面が滑らかですが、反対側は粗く、「スエード」と呼ばれています。
裏地なしでは着られないスエードの裏側もあります。
スエードが裏打ちされていないと、摩擦であいまいになり始め、インナーウェアを汚します。
Rawtusは、これらの問題を解決するために追求し、
すべての努力は幸運にも 裏地について考える必要なしに
一枚の白いTシャツのように着ることができる新しい革の技術革新を得ました。
それにより、革の両面は同じ表面品質を持っており - 肌触りが柔らかく、滑らかになりました。
そして、革をさらに薄くし、非常に軽く、ジャージーのように
柔らかく、綿のように他の素材と組み合わせるのが上手くできるようにしました。
さらに、水や汗に対する強度を追加しました。
Rawtus のライダースや、レザージャケットは裏地がなく、とても軽く柔らかかく、かつて無いレザーコレクションへと進化し続けています。

1