skip to content
¥20,000以上のお買上げで送料無料 ! (日本のみ)

Sleep Betterr

Sleep Betterr

睡眠も生活習慣の一つで、快眠は、規則正しい睡眠習慣から生まれます。
「光浴」というものがあるのを知っていますか?

運動習慣がある人には、不眠が少なく
寝つきが良くなり、深い睡眠が得られるようになります。
しかし、どんなに健康的に運動をしても、バランスの良い食事を心がけても
ベットに入る時間がバラバラであれば、快眠は得られません。

人間の体の中には、体内時計があります。
睡眠のタイミングや、ホルモン分泌や生理的な活動を調節し、睡眠の準備をします。
これらは、自分ではコントロールできず、規則正しい生活こそが体内時計を整え快眠へと導いてくれるのです。

光の効果は、体内時計を24時間に調節してくれます。
ひとの体内時計の周期は長く、25時間で地球の周期と1時間のずれがあります。

隔離された環境下で時刻と関係なく自由に生活してもらうと、
寝付く時刻と目覚める時刻が、1日ごとに1時間づつ遅れて観察されるそうです。
朝の光には、どんどん後ろにずれてしまう時計を早める作用があり、体内時計を整えるのにとても効果的なのです。
朝起きたたら、すぐにカーテンを開けて自然の光を部屋の中に入れるといいでしょう。

わたしは、寝るときに光を遮るようなカーテンを閉めません。
そうすると朝の光で自然に目が覚め、日が昇る時間が季節によって変わるので目覚める時間も変わります。
体内時計を整えるという効果のために始めたわけでは無いのですが、以前よりもとても心地が良く目覚め、快適に眠ることができるので心地いいです。
わたしの場合、特に朝の目覚めに違いがありました。

その反対に、夜の光は禁物です。
夜の光は、体内時計を遅らせ、夜が吹けるほどにその力は強くなるのです。

その他にも、規則正しい食事を摂るように気をつける事でも、
生活習慣が整い、快眠へと導いてくれます。
就寝の5〜6時間前には、コーヒー、緑茶などのカフェインが含まれる飲み物も控える他、
就寝の2〜3時間前に、入浴すると深い睡眠が取れます。

仕事や、家事、日常はとても忙しく
予定通りには行かない事も多々ありますが、やれる範囲で、これらを意識して、良い睡眠をとることは、疲れを取り除き、ストレスを軽減し、
自分の心と体をリラックスさせてくれる役割があります。快眠を心がけてみましょう。

※この記事は、専門的な医学アドバイス、診断、または治療に変わるものではありません。

<参考文献>厚生労働省 e-ヘルスネット ,国立精神・神経医療研究センター 精神整理研究部

お問い合わせありがとうございます! 順次、ご対応しております。担当者よりなるべく早くご返信させていただきますので今しばらくお待ちください。 ご登録ありがとうございました ありがとうございます!商品が入荷しましたらお知らせメールを送付いたします。 在庫が無い、もしくはご注文が在庫数量を超えています。 ご購入できるのは、残りあと1点のみです。 残りあと {{ count }}点